男女

騒音問題は健康に害を及ぼす|防音を行って健康を守る

マナーとして

男性女性

自宅で音楽や楽器の演奏を楽しんだり、外部からの騒音などに影響されず趣味に没頭したいなどの理由から防音工事を施す方がいるようです。そんな防音工事にはいくつかのプランが存在しています。例えば、室内に専用のパネルを設置し簡易的な防音室に仕上げていくものです。壁が厚くなるというイメージが適当でマンションなど梁が出ている場合にはその箇所もうまく活用するためスッキリした空間になります。さまざまな大きさの部屋に対応でき、組み立て式なので工期は平均で3日ぐらいと短く引越し時には容易に解体し撤去することが可能です。またオプションなどによって、エアコンを設置したり二重窓やサッシも防音対応にすることができたりします。

防音設備が求められているのは、音楽関係のホールやスタジオだけでなく研究室やプライベート性を重視するカウンセリングルームなどもみられます。したがっていろいろな状況に対応できるよう業者も取り組んでいるようです。音の問題はトラブルの要因ともなりかねないので、ケアできるよう下請け業者などに丸投げせず知識と技術を身に着けた専門の職人が施工すること、防音性能を数値化し目で確認できるよう提示するなどです。また施工費用も適性であることを意識し、粗悪なものではなく求める性能に見合うようにしています。また楽しめる空間演出にもこだわり壁や床など素材やデザインも大切にし、もしもの時のための保証制度も設けているのです。

必要な対策を取る

インテリア

どうしても音が出る環境では防音工事の必要性が出てきます。最新の防音技術によってかなりの音を遮断できるようになっています。信頼のおける施工業者はやはり実績も豊富で、決して契約を焦らせない特徴があります。

詳細へ

騒音を予防する対策

つみき

戸建て住宅の場合、周辺住民に迷惑をかけるため対策が必要になりますが、防音室を設置すれば解決できます。音を小さくするのは防音マットを使用しているため、床や壁に貼られたマットが音を吸収して漏れを防ぎます。

詳細へ