気持ち良く演奏するために|騒音問題は健康に害を及ぼす|防音を行って健康を守る
インテリア

騒音問題は健康に害を及ぼす|防音を行って健康を守る

気持ち良く演奏するために

内観

ドラムを思いっきり叩きたいなら、周辺の住宅に迷惑をかけないためにも、防音工事を施す必要があります。防音工事は特殊な工事になりますが、家が建つ前に施す方法と、既存の家に施す方法があるため、目的に合わせて選べます。ドラムは叩く事で響き渡り、床や壁をつたって家族や周辺住宅へも、騒音として迷惑をかける事があるため、気を付ける必要があります。新築に防音工事を施す場合は、壁や床の内側に防音加工をするため、見えない部分に音を抑えるための工夫を凝らします。既存住宅に施す場合は、防音マットを敷いたり防音室を設置する事になるため、こじんまりとした印象になります。また、デザインを重視したい方は防音工事業者のHPなどを確認して、施工例を見てみるのもいいでしょう。

バチで叩いたりペダルを踏んだり、ドラムは全身を使って音楽を奏でるため、床や壁を通して音が響きやすい楽器です。けれどもバンドをしている人や、楽器に携わっている人なら、毎日の練習がドラム習得への近道でもあります。防音工事を施す事で、ドラムを気持ちよく演奏できるため、室内の環境を見直すきっかけにもなります。音を抑える防音工事は、音を吸収し拡散を防ぐ効果があるため、ドラムやピアノ等の楽器、声楽やダンス等にも有効です。また床や壁が通常よりも厚くなるため、断熱効果も期待でき、防音加工した部分だけは温度のバランスも一定です。住宅の改善方法には様々な方法があるため、求める効果と明確な目標を持つ事が大切で、完成図をイメージします。